myph

[10061]雨漏りリフォーム2日後に、雨漏り発生 業者は対応してくれない

質問者:M.S. / 最新の回答・ご意見者:現場監督A / 回答・ご意見数:1件
カテゴリ:契約・法規のトラブル / 2015年05月07日 09:48

はじめまして、よろしくお願いします

リフォーム工事で、雨漏りと外壁をカバー工法で工事しました
工事途中に、業者の人(一人で会社を行っている)が病気で亡くなり、
外壁とコーキングは、そのまま職人が継続し、一応完了しました。
雨漏り工事(天窓周辺からと思われる)は、コーキングの人が、コーキングして対応し、散水テストも行い問題ありませんでした。
(亡くなった人は、瓦を取って確認するといっていましたが、継続した人は対応できませんでした)
しかし、完了後、足場もはずし、二日目で雨が降り、雨漏りが
再発生してしまいました
業者に連絡したところ、身内の方が、職人がいないので、また会社を閉めるので対応できないと、言われました

こちらとしては、雨漏りを何とか対応して頂きたいのですが、リフォームに保証がない等いわれて、現在も協議中です
(保証に関しては、保証書を出すとHPに記載ありますが、会社がなくなりますのでだせないとのことです)

雨漏り費用の返金とのこともありますが、亡くなった人との契約では、雨漏りは。ほとんど金額に入っていません。
生前にその旨いったのですが、トータルで対応するとのことで、契約書はそのままでした。従って、返金はほとんど無いに等しいです
(見積もりは鉛板補強となっています)
これは、自分で新たに業者を探し、修理対応するしかないのでしょうか?
識者の皆さま、お願いします

これまでの回答・ご意見数1

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

現場監督A

所在地:東京都
2015年05月08日 21:50

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

とても難しい問題で、雨漏りを直すことを優先にすぐに他の優良な工務店を探すか、被害を取り戻すには弁護士さんだと思いますが取り戻すのは難しいと思います。

はじめに工事を依頼したがその依頼した人物が死亡し後継者がいない時点で(引き継いだ方に正式に契約内容を引き継いでいない時点で)契約内容通りの工事を契約した金額でお願いできる確証がなくなっていると思います。コーキング屋さんはコーキングを打つ専門の職人さんであって、雨漏りや建物の造り自体を熟知した職人さんというわけではありません。雨漏りを直すには経験がなさすぎます。確かに確かにリフォームで雨漏りを直す契約をしたとしても雨漏りに対する補償をつける業者さんも少ないでしょう。私も雨漏りを直すための工事を請け負うことがありますが、雨漏りを直すことを約束する契約はしません。考えられる雨漏りの原因とそれを直すためにどういった工事をするのか、その推測があてはまる可能性等をいろいろな理由を説明してお客様にご判断いただくという形でご説明をします。なので、冒頭で話した2択になると思います。
ご健闘をお祈りします。