myph

[10117]基礎工事手抜き?

質問者:modena / 最新の回答・ご意見者:栃木 渡 / 回答・ご意見数:4件
カテゴリ:工事ミス・トラブル / 2015年05月28日 00:04

築約16年で鉄筋組み立て住宅です。基礎が布基礎のようですが、土の上に防湿シートと思われるビニールのみで、上からの打ちコンや盛り土などの押さえが無く釘のようなもので所々固定されているだけのようです。ただ被せただけに思えます。現在、シートはぐしゃぐしゃで遊びがかなりあり表面も濡れています。床下の鉄筋は錆びていますし、湿気とカビに長年悩まされてました。これが原因なのでしょうか?外壁も完全に浮いてきています。

これまでの回答・ご意見数4

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者
myph

栃木 渡

一級建築士事務所 株式会社 北工房 代表取締役
2015年05月30日 13:40

所在地:北海道札幌市中央区北1条西15丁目1-3 大通ハイム409
URL:http://www.kitakobo.com/
PR:住宅設計に関わって30年が経…

「現場監督A」さんにお目にかかった事もありません。しかしながら、多分、「一般」の方が解答した事にはなっていますが、本来は何らかの形で建築に関わるプロの方であろうと推測します。

「アドバイザー」としての我々も、素人の方がそれなりの知識で、訴えられている事に対して、真摯に最大限の想像力を働かせて、お答えしようと努力していますが、いかんせん言葉の定義が不正確であったりすると、誤解、予断を許しかねないので、お答えするのを躊躇する場合が多々あります。「匿名」の方の曖昧な質問を、現場も拝見せずに無償で「氏素性明らかにした」我々がお答えするという建てつけですから、責任の所在が曖昧になりがちで、そんな場合はお答えを留保しています。

今回、そのケースで、投稿いただいてから、相当、誰もお答え出来ずにいたのを見かねて「現場監督A」さんが、せめて、レスポンスだけでもと反応したと推測します。

床下の防湿に関しては、様々な工法があり、どれが「正しい」という事はありません。「鉄骨」が錆びている、カビ、鉄筋のサビとの事で、その事象だけをもって、床下防湿層の不備と断ずる事は技術的には相当に偏った判断と思います。

>晴天続きの気候の中床下のビニールの表面が濡れて

土の中の水分がビニール面で結露しただけですから、これも、こうなるべき「正しい」事象です。


「善意」で答えているから、全て許されるとも思いませんが、諸般の事情、ご理解ください。但し、

>この回答のような理論が世の中の欠陥住宅を造り上げている事を再認識出来ました。

この部分だけは、大半の真面目な建築関係者(一応、現場監督Aさんや私も含めて、、、)にとっては、不本意、心外ですので、誤解を解いていただけますよう、お願いいたします。

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

現場監督A

所在地:東京都
2015年05月28日 11:47

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

鉄筋組み立て住宅というものが具体的にどんな建物かわかりませんし、この文面だけから長年悩まれていた湿気とカビが床下に原因があるかどうかは断定・特定できません。
防湿シートに押さえがあった方がいいのは確かですが押さえを施工しないといけないという決まりもないですし、押さえをしない代わりに重ねを大きくとるという対処をする施工もあると思います。本当は杭などを打つと穴が開き防湿にならないのですが納まり上仕方なくそうなっている建物もたくさんあるでしょう。
湿気やカビなどは生活の仕方に起因することもあります。具体的な症状や写真等がないと回答は難しいかもしれません。
myph

modena

所在地:和歌山県
2015年05月28日 23:51

一般回答者 現場監督Aさん早速の回答はありがとうございました。
鉄筋組み立てが理解出来ない、相談文面から断定特定不可なのであれば、まず、回答は控えられるべきでしょう。
防湿シートを押さえなければならないという決まりがないからしない、、納まり上防湿シートに杭を打って穴を開ける、、カビや湿気は生活の仕方が起因、、といった理論は、住宅を販売したり建築したりする側の都合や手間及び時間を省いた手抜きや言い訳ととられるものであり、一生の買い物をし、そこに暮らすユーザー側の事を無視した意見だと思います。ご存知かと思いますが、床下には通気孔があり、ただ土の上にビニールを被せただけで自然に対抗し、数年〜数十年と家を支え、地面、土壌からの湿気等から住宅を守る事が難しい事くらいは素人にでも分かります。
晴天続きの気候の中床下のビニールの表面が濡れて鉄骨が錆びている事が全てです。
私自ら建築に携わるならこのような工法は選択しません。
この回答のような理論が世の中の欠陥住宅を造り上げている事を再認識出来ました。

myph

現場監督A

所在地:東京都
2015年05月29日 21:48

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

大変失礼をいたしました。
文面の情報量では回答がつかないと思いましたので早めにご指摘させていただきましたが余計な判断であったようです。不快な思いをさせてすいません。また、「鉄筋組み立て住宅」という言葉を一般的に使われていないと思いますので、回答者の先生方に正確に伝わらないのではと思い書き込みさせていただきました。modenaさんのご意見はごもっともです。ただ不正確な情報がいくつかあるので、その辺は正確な情報が必要かと思います。

錆びているのは床下の鉄筋なのか、鉄骨なのか?
濡れているのはシートの上側なのか、下側なのか?
そのシート自体新築施工時からのものなのか、後施工的に行ったものではないのか?

防湿シートを施工するとしたら、かなり杜撰なレベルと言えますが、防湿シートを施工していなくとも湿気っていない建物もたくさんあり、必ずしもそれが原因とは言えないのではと思います。誤解が解けると嬉しいです。健闘をお祈りします。
myph

takechiyo

所在地:北海道
2015年05月30日 12:02

URL:
家づくりの想い:

modenaさん

貴方様、何か勘違いされていませんか?
ここはボランティアで登録先生、一般建築業者の方が善意でお答えいてくださる場ですよ!
貴方の文面は人に物を尋ねる態度ではないように思えますが。
せめて「宜しくお願い致します」位書けませんか?
現場監督Aさんだって善意です。

modenaさんからの情報量では少なすぎて、到底、断定特定など不可能だと思います。