myph

[13028]中古住宅仲介における既存擁壁の沈下修正

質問者:chito2002 / 最新の回答・ご意見者:医王山  中野企画 / 回答・ご意見数:2件
カテゴリ:家の外回り / 2017年07月26日 17:51

お世話になっております
大阪府岸和田市の件になるのですが
当該物件を支えるL型擁壁が不同沈下しており
隣家側と隙間(7?8cm)ができる形でずれており
また、擁壁下の土が漏れ落ち、空洞ができています
これを修正する(ズレを修正し、空洞を土止めする)方法は
存在しますでしょうか
画像 »


これまでの回答・ご意見数2

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者
myph

栃木 渡

一級建築士事務所 株式会社 北工房 代表取締役
2017年07月27日 09:34

所在地:北海道札幌市中央区北1条西15丁目1-3 大通ハイム409
URL:http://www.kitakobo.com/
PR:住宅設計に関わって30年が経…

「中古住宅仲介における」との但し書きが何を意味しているのか、判りかねますし、正直、お写真と文面だけでは、技術的な部分に関しても、アドバイスしにくいのですが、、、、、判る範囲で。。

>これを修正する(ズレを修正し、空洞を土止めする)方法は
存在しますでしょうか

有り、無しで言うと、「有り」なのでしょう。熊本城だって、あの状態になってまで、修復しようとしているのですから、「技術的」に不可能な事は、「ほぼ無い」と思います。但し、、、当然、それを行って、経済的に見合うかどうか?予算的に現実的かどうか?の判断も必要かと。。。

擁壁で、クラックなどはダメージを食い止める、、、という意味での、補修は簡単にできますが、「ずれてしまっている」場合は、相当に厳しいですね。大掛かりになります。また、そもそも擁壁は「多少はずれてもいいよね」という前提で、設計している面もあります(まともに設計していれば)。
正直、、、あきらめる(前述の経済的判断として現実的で無いという事で)しか無いかもしれません。

裏込めの土が流れ出ているのは、どうにでも対応できそうですね。。

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

医王山  中野企画

所在地:滋賀県
2017年07月27日 14:50

URL:
家づくりの想い:

chito2002さん

○仲介物件を買われる方ですか?
A:購入されない方よいと思います。
安全性、建物下に入り込んだ擁壁の基礎(L型擁壁)の対応、コスト、将来の確認申請等に対応、擁壁のずれの進行などで、安全性が保証出来る擁壁となり得るか?不明です。

○仲介斡旋業者の方ですか?(住民の為のサイトです)
A:適切な技術提案と安全、強度、コストの提示が必要です。
方法はありますが、現地、図面、地質等を見ないと確たる事がいえませんし、安全上の担保が難しい。お解りでしょうが、業であれば、上記の技術、コストのアドバイス、法令上の問題点等の責任が伴います。