myph

[13537]玄関前の柱の回転

質問者:ブライアン / 最新の回答・ご意見者:ブライアン / 回答・ご意見数:3件
カテゴリ:工事ミス・トラブル / 2018年01月12日 20:39

あるハウスメーカーで約7年前に新築しました。

年末の大掃除で、玄関前を久しぶりに丁寧に掃除をしていると
玄関前に建っているベランダを支えている1辺20cmの四角柱
の柱が約1cmほど回転しているのに気付きました。柱は家の
外壁と同じデザイン、柄のものが使われています。7年も経っ
て今さらと思ったんですが、ハウスメーカーに来てもらい、見て
もらって1週間後の返答が、1cm回転しているのは認めた上で、
・柱の回転に関しては基準がない。
・保証書に書いていない。(保証外)
・問題がない。
・修理する義務はない。
との結論でした。写真でもわかるように明らかに玄関の下のタイル
のメジに対して平行になっていないのは目で見て明らかだし、7年
経とうが最初から回転していたわけだし、1辺20cmの柱に対して
1cmも回転しているのはおかしいと思うのです。
施工ミスではないのかと何度もハウスメーカーにかけあうのですが、
担当者は「私の判断ではない。会社の判断です。」の一点張りで
ずっと平行線のままです。
どう対処したらいいでしょうか。

画像 »


これまでの回答・ご意見数3

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

現場監督A

所在地:東京都
2018年01月12日 21:04

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

写真が暗くて見にくいですが、ずれている柱の下の方もタイルを張っているのでしょうか?おそらくコンクリートの基礎施工時に多少ねじれてしまっていて、タイルをそのままなりで貼ったので床のタイルと比べて曲がってしまったのでしょうね。職人さんの腕や配慮の問題で、見た目の問題なので構造的にはなんの問題もないでしょうね。

誰が直すかの話ですが、完成後にお引渡しを受けている点、そこから7年が経過している点からは、一般的にはハウスメーカーに修繕義務はないかと思います。こんな仕事して平気なの?っていうメンツの問題ですね。直す必要があるかどうかを決めるのはハウスメーカーではなく施主です。ハウスメーカーが保証外ということなので、自費で直すようになるということだと思います。

立ち上がりのタイルを一度張り替えればすぐ直るのですが、今度は上の外壁とどうか?ということも確認が必要です。
外なので不在時でも勝手にやっていいので、近くに木佐ついでとかに直してよってな感じでお願いできませんかねー。
myph

ブライアン

所在地:静岡県
2018年01月12日 22:15

早速のご回答ありがとうございました。

柱の下のタイルのメジは玄関の外壁とは完全に平行になっています
ですので、タイルは触りたくありません。
少し暗くて見にくいですが、2枚目の写真は玄関がに向かって正面から
撮ったものですが、タイルのメジに対して柱が左側が奥に入っていて、
右側が手前に出ているのがわかると思うのです。(差は約1cmです。)
玄関の外壁と柱の面もやはり平行になっておらず、玄関の外壁と柱の面を
測るとやはり下のタイルの接地面と同じように1cm回転しています。
また、上を見上げて、ベランダの接着部分をみると、同じように1cm
回転しているのがわかります。ハウスメーカーに聞くと、この四角柱の
柱の中心にベランダを支える柱が入っており、その柱を囲むように玄関
の外壁と同じ外壁を4方向から貼ってあると聞かされました。その4方向の
外壁をつけるときにずれたのであろうと思われます。
私自身、神経質なのか、7年たちましたが、最近見つけたところなので、
まだ納得がいきません。このまま泣き寝入りになるのでしょうか。

myph

医王山  中野企画

所在地:滋賀県
2018年01月13日 22:11

URL:
家づくりの想い:

ブライアンさん

中々納得いただけないかと思いますが、・・・
私も長く生活していますと、いろんなところに気が付きますが、建築は工場生産でなく現場生産なため・・・
各業界のアフターサービスでは
家電、車など一般の製品は1年の保証です。
その中で人命に影響する不具合は、リコールとして国の機関に報告し年数に関係なく対応します。「よく混同されて車は5年でも直している建築は?」と言われます。
基本として車も製品の不具合は1年保証です。

建築は金額的に高額なため、国の機関により、基準が示され2年から10年で対応が決められています。
仕上げ材等は2年、隠ぺい部配管などは5年、雨水の侵入は10年等が決められています

今回のケースは仕上げ材なので、2年の対応だと思われます。国で基準を示しているので、どこの建設会社であれ対象外となると思います。あとは、企業イメージでの対応する場合があるかもしれません。

例えは車や家電等は人命に影響する部分は、国の機関に報告しリコールします。人命に影響がない該当しない取り付け部品の不具合、劣化等などは1年です。

最近では家電製品などで、問題が多いので、量販店では有償延長で3年、5年保証を付けるように勧めます。

建築でも同様に構造体力、地震等人命に影響がある杭や、免振ゴムの強度不足、耐震設計偽装などは国に報告して対応しています。

聴いた話では、「永久に製品に設計、製造ミスを企業として責任が伴うなら、企業としての経済活動ができなくなるため、一定の基準を設けている。」と聞きました。

年数がたつ我が家(M社)、いろんな不具合が出てきて、・・・・・建築屋として反省と勉強になります。

myph

ブライアン

所在地:静岡県
2018年01月13日 22:37

回答ありがとうございます。

たいへん参考になりました。

しかし、今回の件は、経年劣化ではなく、新築当初からの
ことなので、まだ納得がいきません。

あまり、神経質にならない方がいいかもしれませんが、気に
なりだしたら、ハウスメーカーにクレームを言っています。

第三者に見てもらった方がいいでしょうか。
myph

現場監督A

所在地:東京都
2018年01月13日 23:10

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

基礎巾木だけではなくて柱自体が上から下までずれているようですね。そしたら柱自体をもとに回転させて戻すか、それが無理なら外壁を張り替えてまっすぐにするしか方法はないでしょうね。

その修繕の工事費用ですが、やはりハウスメーカーがウンと言わない限り、無償での対応は難しいと思います。はじめからそうなっていたのであれば、お引き渡し時にきちんと確認をされてお引渡しを受けているわけですし、それを無しにしてこういった対応を無期限にすることが施工者側に義務としてあれば、商売として成り立ちません。なので、引渡し時によく確認をするべきですし、アフター基準保証書に沿って保証の切れる前に各所の点検を行うべきなんです。建築物は人が作るものですから全てがまっすぐ、直角、平行にはなっていません。ドアや窓などもレーザーを当てれば曲がっていますし、湾曲しています。今回はタイル目地が基準となってその傾きが目立ってしまっているので気になりますよね。ただ流石に7年目の無償はないかと思います。7年間は気にならなかったと言うことですもんね。

法的にとか、第三者とか、無償対応を強制させるすべはないと思うので、うまく友好的に交渉をして費用を抑えられるように話すのが最善だと思います。
myph

ブライアン

所在地:静岡県
2018年01月14日 13:51

回答ありがとうございます。

私自身、神経質なところがあって、平行、直角でなければならない
というところをぬぐいさることが、まだできません。
「これもこの家の特徴」と思いたいところもあるのですが、どうしても
そこに目がいってしまいます。

もう少し考えてみます。