myph

[14404]屋上パラペットの笠木と外壁塗装

質問者:はな87 / 最新の回答・ご意見者:栃木 渡 / 回答・ご意見数:1件
カテゴリ:工法 / 2018年08月10日 15:26

屋上のウレタン防水をシート防水でリフォームしました。
提案された工事は既存の笠木を除去し、パラペットごとシート防水で覆うものでした。
(歩行部はディスク固定と溶着です)
施工から1年後、パラペットの立ち上がり部分が膨れていることに気づきました。(写真 左:上手く回転できませんでした。左を上にして見てください。)
友人に相談すると、「そもそもパラペットに笠木がない工法は聞いたことがない。標準仕様書通りなのか工事会社に問い合わせた方が良い。」と促され、実際に問い合わせたところ、「パンフレット通りに施工しました。」との回答しかありません。
また、外壁塗装も同時に行いましたが、外壁には屋上から何本もの黒いシミができています。(写真 右)不思議に思い、シミの無い外壁面を虫眼鏡で良く見ると無数の穴(直径:裁縫針が通る位、奥行1?2ミリ)が見えます。

そこで質問です。
1.パラペットに笠木を取り付けるか取り付けないかは、法律や何かで決められていないのでしょうか?
2.特に設置基準がない場合、笠木を取り付ける目的は何でしょうか?
3.笠木をつけるメリットとデメリット、笠木をつけないメリットとデメリットは何でしょうか?
4.外壁にできた黒いシミの原因は何が考えられますか?(まさか防水シートが溶けた可能性はありませんか?)
5.外壁の無数の穴は存在しても良いのでしょうか?防水機能上、問題にはならないのでしょうか?

どうぞご教授いただきますようお願い申し上げます。
画像 »


これまでの回答・ご意見数1

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者
myph

栃木 渡

一級建築士事務所 株式会社 北工房 代表取締役
2018年08月11日 15:12

所在地:北海道札幌市中央区北1条西15丁目1-3 大通ハイム409
URL:http://www.kitakobo.com/
PR:住宅設計に関わって30年が経…

1.パラペットに笠木を取り付けるか取り付けないかは、法律や何かで決められていないのでしょうか?

法律では決められていません


2.特に設置基準がない場合、笠木を取り付ける目的は何でしょうか?

笠木を取り付ける部分(立ち上がり天端)の防水層の養生や、防水の貼り終いの保護が主な目的です


3.笠木をつけるメリットとデメリット、笠木をつけないメリットとデメリットは何でしょうか?


前記のメリットが無い事がデメリットです。
ほとんどの場合、「予算」で最終的に笠木を付ける付けないが決まるようです。

北海道ですと、笠木が無いと、凍結などの問題がありますので、予算が無くても、なんとか取り付ける方向で、検討しますが、本州ですと、取り付けていないケースが多いですね。私も、昔はびっくりしました(北海道では笠木があるのが当たり前だったので)

何をもって「標準」なのか。。。。難しいところですね。特に改修工事では。


4.外壁にできた黒いシミの原因は何が考えられますか?(まさか防水シートが溶けた可能性はありませんか?)

空気中の塵、ホコリが雨水に混じり、滴り落ちた時についた跡ですね。

防水シートはよほど強烈な劇薬や溶剤などでもかけなければ、溶けださないと思いますよ(実権なんぞした事はありませんが・・・)


5.外壁の無数の穴は存在しても良いのでしょうか?防水機能上、問題にはならないのでしょうか?


言葉の情報だけですので、推測ですが、塗装時の細かなエアの跡かと思います。

防水機能上は、下塗りも含め正しい塗装工程を踏んでいれば、問題無いと思いますし、、そもそも外壁にはさほど「防水性能」は求められておりません。

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者