myph

[16236]屋根のクラック等で塗り替えできないと言われました

質問者:anc10194 / 最新の回答・ご意見者:福地 脩悦 / 回答・ご意見数:2件
カテゴリ:工事ミス・トラブル / 2019年07月14日 18:41

積水ハウスで自宅を建設し17年が過ぎました。
リフォームを行おうと考え、いくつかの業者に屋根を診てもらいました。屋根材にコロニアルNEO(旧クボタのグリシェイドNEO)が使われている事が分かりました。
屋根材の問題で塗り替えができず、葺き替えで対応するしかないと言われました。
積水ハウスに問い合わせたところ10年時の点検ではクラックはなかった。また、15年時の時点でクラックはあったが、通常の経年劣化であり、補償はできないと言われました。
こういった場合は、何の対応もできないのでしょうか。葺き替えはかなりの金額になりますので、何か対応策等があれば教えて欲しいです。
宜しくお願い致します。

これまでの回答・ご意見数2

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者
myph

福地 脩悦

株式会社 福地建装 / HQ住宅研究所 ファース本部
2019年07月15日 12:08

所在地:北海道北斗市中野通324
URL:http://www.fas-21.com/
PR:「家は創り上げ、育て続ける…

ハウスメーカーの建築する家は、見た目重視となっている場合が多いようです。
屋根材には陶器瓦を使用していれば、住宅の建て替え時期まで、ほぼメンテナンスフリーだったと思われます。
コロニアルNEOは、素材の経年劣化(紫外線や暴風雨等)での寿命が約30年である事が通説となっております。
本件の17年では期間が短いと云えます。

ところが通常、屋根材などの瑕疵責任期間は10年程度とされており、業者の誠意や良心が問われるところです。
紫外線劣化したコロニアルNEOは芯材まで傷んでおり、塗布メンテナンスの効き目が効果的でない事は事実です。
カバー工法で覆うことがもっとも有効なのですが、築17年の経過年数も考慮して、ハウスメーカーとは、カバー工法を前提の価格面で丁寧な交渉を行うことが賢明だと思われます。

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

現場監督A

所在地:東京都
2019年07月14日 20:08

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

無石綿屋根材だから塗装ができないということなんでしょうが、その辺の説明は受けましたか?今、リフォーム業界では屋根は塗装ではなくカバー工法が進められています。そのほうが良い場合もありますが、決して塗装ができないということはないと思います。できない理由をきいてみましょう。塗装するとどうなるのか?塗装するには手間がかかるのも事実ですし、リスクもあります。カバー工法にもメリットとデメリットがあります。リフォーム的にはより売上の上がるカバー工法を勧めたいベクトルが働きます。ご予算と今の状態、これからの建物の使用計画に合わせて、工法を考えていけるような業者さんわ探しましょう。