myph

[17488]「給気口」の取り外しと設置について

質問者:AC21 / 最新の回答・ご意見者:現場監督A / 回答・ご意見数:2件
カテゴリ:その他 / 2020年06月16日 10:57

事務所としてアパート一室(一階)を使い始めました。事務所なので人は住まず台所としては使いませんが、台所に直径20?くらいの丸いものが床から50cmくらいのところについており、それは左右に回すと空気穴が開いたり
しまったりします。おそらく「給気口」と呼ばれるもので、電気仕掛けではありません。台所にエアコンを付けたいのですが壁に穴をあけてはいけないと大家さんに言われました。しかし、この給気口の穴をエアコンの室外機への管を通す穴に改造して使っていいと許可がでました。ただ、事務所としての使用が終わり退去する時には給気口の部品を取っておいて元に戻すか、または、新しい給気口を付けろと言われました。エアコン屋さんは、最悪の場合、今のついている給気口の部品は壊れて使い物にならないと言われました。給気口を購入して取り外したり、付けたりする業者さんは何屋さんなのですか。ネットで給気口屋さんや設備屋さんを調べましたがよくわかりません。
画像 »


これまでの回答・ご意見数2

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

emu

所在地:東京都
2020年06月16日 11:40

URL:
家づくりの想い:

何屋さんに頼むかですが、内装屋さんについでにやってもらった気がします。

因みに品物はこのあたりではと思うのですが、
http://uk-usami.co.jp/product/gsn50s/
http://uk-usami.co.jp/product/rn75s/
このような物であれば、サイズを間違えないよう注意する必要はありますが
両方合わせて2千円ちょっとで買いなおす事もできるようですし、取り外しで壊れる「かも」はそれほど気にしなくても良いかもしれないですね。

再設置の際に特殊な工具などは必要ないと思うのですが・・・私にはよくわかりません。コーキング材は必要ですね。

工事自体は上記のように出来そうですし、それ程費用もかからなそうですが、台所の給気口が無くなる事の不利益はご認識いただくと良いと思います。
レンジフードの排気量はとても多いので、これを補うための給気口がありませんと、室内が陰圧になって、ドアの開閉がしにくくなったり、下水の臭いが上がってきやすくなったりといった弊害も起こるかも、しれません。

涼しいリビングの空気をサーキュレーター等で送る対応と比較して、どちらが良いかお考えになると良いのでは。
myph

現場監督A

所在地:東京都
2020年06月20日 15:00

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

中は自然給気口、外の部品はベントキャップなどと言います。通常は電気屋さんや空調設備屋さんが取り付けすることが多いです。ルームエアコンしかやらない職人さんはあまり触りたがらないでしょうね。自然給気口は少し強めに引っ張ると簡単に外れると思います。ベントキャップはガッツリシリコンコーキングでくっついてそうなので外すのはちょっとめんどくさそうですね。多分ルームエアコン屋さんはそのまま中身を壊して配管を通そうとしてるのかもしれません。そうすると最終的には交換が必要になります。きれいに外せたとしても、穴が大きすぎるので配管を通した後の隙間を埋めるのが大変であまり現実的ではない気がします。

エアコンの取付には、まず電源、室内外機をつなぐ冷媒管、結露水を排水するドレン管が必要です。マンションのように見えますが、隣のお部屋などに使われていないエアコン用の穴などはないんでしょうか?そこから台所まで露出でも冷媒間と電源を壁に這わせるなどして持って来れれば、ドレン感は台所のシンクに垂れ流しにすればエアコンを取り付けることができます。室内の見た目を気にしなければ自然給気口を直すより面倒ではないと思います。