myph

[19889]外壁施工の誤った説明について

質問者:胃痛 / 最新の回答・ご意見者:現場監督A / 回答・ご意見数:1件
カテゴリ:工事ミス・トラブル / 2022年10月18日 13:49

ハウスメーカーにて注文住宅を発注。現在新築を建築中の者です。
事例が他に見当たらないためご教授いただけますと幸いです。


【事案】
打ち合わせ時はコーキングが入ると聞いていたところに水切り金具が入っていたもの。


【背景】
窯業系サイディングを縦張りで施工依頼。
フラットサイディングを選択。縦ラインが綺麗だという話をしつつ、外観全体(玄関面)をデザインしました。

打ち合わせ時に「横にコーキングが2本入ります」との説明あり。
できれば無い方が嬉しいが、サイディングのサイズ的にもどうしても入るとのことなので「コーキングくらいの細さなら」といい承諾。

図面には記載なし。
議事録にもその旨の記載はなし。
ハウスメーカー側・施主側どちらもコーキングで説明があったと記憶しており、そこは認めていただいている。


【対応】
ハウスメーカー側の見解は以下のとおりです。

足場はあるものの、全て貼り直しはできかねる。
費用、工期面で厳しい。
メーカー推奨の金具であり、会社としては当たり前の施工をした。
標準施工として動いているのでミスではない。
今回は営業担当が誤った説明をしたことが原因であり、それは認める。
値引きやサービス施工で対応したい。

現在貼り直した場合の見積もりをハウスメーカーで取ってもらいっている


【施主側の意見】
大前提すべての図面を確認し承諾押印もかなり慎重に行っていた。
些細な伝達ミスなどは都度確認し、お互いにフォローしあってきたつもり。

業界ではあたりまえかもしれないが、説明が誤っていたこと・図面に記載がないものには施主は気づけないこと・外観が台無しになったことに対してはそれなりに補償をしてほしい。
本来ならばすべてやり直しを希望するが、難しいとのことなのでそこは折れるが家の正面に傷をつけられた気持ちは汲んでほしい。
どんなに高価なものをもらっても外観は残念なままであり、納得できる補償が具体的に思いつかない。

完璧な工事は求めておらず、他の小さな施工ミスもあったがすぐ伝達し、なおしてもらえたらそれでいいと思っている。
今回は直せない、家の顔という意味で大きなショックを受けているもの。



【ご質問】
以上を踏まえて皆様のご見解をお聞かせください。

?補償として求められる金額はどれくらいでしょうか
?提示された金額では気持ちが収まらない場合の動き方・考え方
?何か参考になるご経験、事例などあれば教えてください

よろしくお願いします。


これまでの回答・ご意見数1

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

現場監督A

所在地:東京都
2022年11月06日 08:58

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

>>?補償として求められる金額はどれくらいでしょうか

外壁を張り替えた場合の見積もり金額。またはそれよりも少し安い金額。

>>?提示された金額では気持ちが収まらない場合の動き方・考え方

気持ちがおさまらず、損得なしに懲らしめてやりたいと思うのであれば、エピデンスをとって戦うしかないと思いますが、大人な行動としてはそこで気持ちを押さえるしかないかと。もしくは収まる金額があるのかどうか。あるならその金額目指して交渉するのが動き方なのかと。

>>?何か参考になるご経験、事例などあれば教えてください

サイディング縦張りの場合、昔はコーキングNGの板がほとんどでした。最近は横コーキングOKの板もたくさんあります。ただ、コーキングよりも水切りの方が高位な施工と思います。アフターメンテナンス的には、コーキングの場合、劣化した場合に早めのうち替えが必要です。水切りの場合はその部分に関しては半永久です。
まずは使っている板が横目地コーキングOKなものなのかどうか?NGなら水切り一択です。OKでも水切りの方がいいと思います。仮に5年早くメンテナンスが必要と考えると、ざっくばらんに30年で70〜100万円多くの費用がかかります。