myph

[9235]フロアコーティング施工後の色むら

質問者:amtom0227 / 最新の回答・ご意見者:現場監督A / 回答・ご意見数:2件
カテゴリ:設備や内装一般 / 2014年10月13日 14:37

新築一戸建てを建てました。9月13日に引渡しが終了後、翌日14日に私が探したワックス業者にフロアコーティングを施工してもらいました(ガラスコーティング)。ワックス終了後、確認すると建築業者が貼っていた養生テープの跡がくきりと浮かび上がってきていました(ワックス施工前にそのような跡は確認できたいません)。建築業者は「養生テープは使用したが、正しくワックスをすればこのようなことにならなかった」、ワックス業者は「ワックスの施工方法は適切であり、養生テープの成分が熱により溶けて床材に染み込んだことが原因」、とお互い譲りません。私が調べると、床材は無垢ではなく、一般的なものであり、養生テープを使用しても問題ないとのこと。なので建築業者が言っていることが正しいような気がしますが。私としてはどちらに非があるのかはっきりさせて賠償してもらいたいのですが、可能でしょうか。

これまでの回答・ご意見数2

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者
myph

栃木 渡

一級建築士事務所 株式会社 北工房 代表取締役
2014年10月13日 16:58

所在地:北海道札幌市中央区北1条西15丁目1-3 大通ハイム409
URL:http://www.kitakobo.com/
PR:住宅設計に関わって30年が経…

どちらに「非」があるか?という問題より、責任分界として、引き渡し後に行われた行為によるものですから、少なくとも、施工業者に責任を求めるのは如何なものか?と思います。

似たような事例で、引っ越し搬入時の傷が良くトラブルになります。

多分、技術的な原因としては、養生テープのノリが残っていたのかな?と思います。ノリを残したのは施工業者としても、美装屋さん(ワックス屋さん)は作業前に十分なクリーニングすべきと思いますし、常に、そのような現場(竣工直後)が仕事場なのですから、ノリが残っている可能性(仮に「溶けだした」のだとしても)は予想して、然るべきでしょう。

引っ越し業者さんなどは、トラブルに備えて、過剰なほど養生しますし、仮に傷つけても保険で対応してくれます。

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

現場監督A

所在地:東京都
2014年10月14日 17:33

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

栃木先生と同じ意見です。
養生テープの粘着がフローリングに残ってしまった点については施工者の不備かと思いますので、その対処は依頼できるかと思いますが、現状その上にコーティングがされている状況てあれば対処が難しくなってしまっています。ガラスコーティングの多くは剥離が難しいorできないのでは?だからこそコーティング業者には施工前の厳重な調査と、十分な清掃が必要です。

確かにいろいろな種類のフローリング、いろいろな種類の養生テープがあるので、その相性によって粘着質が残ってしまったりするんですよね。コーティング業者さんにそういった意識がないと、交渉は前に進まなそうですね。作業前の清掃に不備はなかったのか、確認しましょう。