myph

[9355]ログ加工先行費用の800万が返ってきません。

質問者:jun.nero / 最新の回答・ご意見者:現場監督A / 回答・ご意見数:1件
カテゴリ:契約・法規のトラブル / 2014年11月22日 16:00

私は、大分県にある社長が一人で切り盛りするの個人の建設会社Aとトラブルになりました。
 預けていた800万円のうち約半分を設計にかかる人件費として請求されています。
 この会社Aのやり方は、ログハウスなどを専門に建設する会社で、図面をもとにカナダのログ加工会社にログキットを発注し、それを輸入して大分の建設会社Bが施行するという大まかな流れだったのですが、出来るだけ完成を早くするためにプランを練っている段階で800万円を支払いカナダの会社に丸太の伐採、皮むき等を先行させていました。(建設会社が持ちかけてきた話です。)
 しかし話を進めていく上でカナダの会社にログキットを発注する関係で、プランを安く仕上げることに限界を感じたため、建設会社Aに自宅を造っていただくことを断念しました。
 その際、社長は、「図面の代金なんかいらないけど、他のお客さんがログの発注をしたときにあなたの分の丸太を使うから別のお客さんの話がまとまってお金が入ったときにお返ししますから。それまでは待ってください。」とのことでした。(口頭だけのやり取りです。)そのお話をしたのが今年の7月20日頃でした。
 その後、途中経過を確認したところ、「別のお客さんの確認申請が承認されて融資がおりるまでしばらくかかりますから。」などと言われようやく11月21日に大きな封書が届き中には、返金の明細書と要求していない図面が入っていました。
 書類には、「360万円を45日間図面を作成した人件費として請求します。異議がなければ和解書を作成し預かっていたお金から、360万円を差し引いてお返しします。」と書かれていました。弁護士に話を通しているとその後メールも届きました。
 同封されていた図面は私がみたこともない図面も含まれていました。
 まだプランを練っている段階で総額も決まっていませんでしたし、図面も完成しておらず、契約書の作成もしていませんでした。
 正当に争ってお金が返ってこないのなら仕方がないのかもしれませんが、図面の金額と日にちの長短は関係のないことだと思いますし、図面はまだ完成もしていないし、正式な見積もりも出ていないのに図面が360万円なんて高すぎると思います。
 併せて他の消費者が同じ会社で同じ目に遭うことはさけてほしいと思いますのでこれを出来るだけ沢山の方が知り得るようにする方法はないでしょうか?

<NPO110番より>
利用規約に則り、建設会社の詳細な所在地は伏せさせていただきました。

これまでの回答・ご意見数1

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

現場監督A

所在地:東京都
2014年11月24日 21:49

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

全てはjun.neroさんがどのような約束事で、打ち合わせを進め、お金を支払って材料を先行し、その後の打ち合わせの進行、取りやめを行ったかによると思います。確かにその建設会社の方での案内の不備はあるかと思います。打ち合わせや図面作成に対してどの段階から費用がかかるのかの案内が不足していた感がありますが、800万円を支払い材料を先行させた時点でそれが全額返ってくると期待をするのは少し現実味がないと思います。ログをどこまで加工して輸入するのか不明ですが、材料を発注するためにはその材料の発注数量がわからなくては発注できませんから、お客様に必要な意匠図面以外にも、構造図や組立図も作成が必要なのではないでしょうか。

全てをキャンセルした上で360万円が返ってこないのは確かに高いと思います。しかし同じように、キャンセルしたにもかかわらず、その材料は他のお客様で使用するのでその分は返金しますっていうのもかなり運が良いことだと思います。お金を支払って発注をかけてしまえが普通は返金しませんよ。そこは返金すると言いながら設計料が高いのがなんとも煮え切りませんよね。使えなくなった材料などもあるんではないでしょうか。その辺の明細は出してもらうべきですね。

口頭での約束でも契約は成立しますが、その証明ができません。打ち合わせや約束事の記録を取らなかったことが今回のトラブルの要因だと思います。明細などを出してもらいながらお互いの納得するラインを決め、話し合いが成立しければ法的な専門家に間に入っていただくのがよろしいかと思います。