myph

[9654]狭小駐車スペースに関する説明不足

質問者:KEN / 最新の回答・ご意見者:現場監督A / 回答・ご意見数:1件
カテゴリ:契約・法規のトラブル / 2015年02月10日 13:55

立地は非常に良いが駐車スペース前の道路が狭い物件を紹介され、最初の口頭説明ではプリウスが2,3回切り返しで駐車可能なギリギリのサイズとの説明がありました。そのため、現地の視察をしましたが、前方道路(幅2.5m)の近くに電柱もあり、駐車不可では無いかと指摘した所、セットバックを行い道幅は3.2mに広くなり電柱も移設(2月頃)するため、駐車は説明通りできると思いますとの説明でした。このため、その説明を信用して昨年11月に契約しローンも結びました。
しかしその後、住宅の図面設計を進め着工が近づいて来た為、先週実際に友人らと車を乗りつけて確認しようとした所、電柱がまだ移動されておらず、駐車可能かが確認できない状況でした。電柱の移設時期を再確認したら3月末になるとの返答でした。
しかも、実際は人通りも多く、電柱を移設したとしても2,3回の切り替えしで駐車できるような物件でなく、物理的には可能かも知れないが実運用的には不可能な物件では無い事が判りました。
(契約書にはプリウスが駐車可能とはなく、駐車スペースに限りがあるため、車両のサイズは買主の判断に任せるとの記載でした。)
事前説明と現実が違いすぎる事を先方に伝えると契約書や口頭でも駐車スペースの事は説明してあり、責任は無いとの回答でした。契約前に実際に車で確認しなかったこちらにも非がありますが、やはり騙された気分です。少なくとも
(1)売主は図面のみでし駐車可能な事を確認しておらず、実際に駐車できる事が立証されておらず、事前説明内容と実際の状況にもあまりに差がある事。
(2)電柱が移設されておらず、図面通りに駐車可能かを検証できない状況にある事は先方が解決すべき問題だと指摘しました。
ちなみに、駐車場の幅は2.7mで、駐車場の前方スペースは道路3.2mと自己土地0.5m=3.7mです。
電柱の移設を待って検証を行うのも一案ですが、このままでは住宅着工契約も進められない状況にあります。
先方の説明や確認不足も明らかなため、何らかの責任を問う事はできないものでしょうか?
あと、3月末の電柱移設後の実地検証で書面で確認したと言っていたプリウスが駐車できなかった場合は、詐欺に相当するとの事で契約解除と支払った手付金含めて返金して貰う事はできるのでしょうか?

以上内容が判り辛く、長文で申し訳ありませんが知見ある方のアドバイスを頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

これまでの回答・ご意見数1

アドバイザーからの回答

アドバイザー  相談者

※アドバイザー以外の一般ユーザーからのご意見

一般ユーザー  相談者
myph

現場監督A

所在地:東京都
2015年02月10日 22:32

URL:
家づくりの想い:現場監督歴15年。アフターも…

道路幅と駐車場の幅からして普通に停めれそうな気がしますが、電柱の位置関係がよくわからないのでなんとも言えません。ただその電柱も移設予定とのこと。おっしゃる通り契約前に確認しなかったことに不備があると思います。確認ができなかったのであれば契約すべきではありません。口頭での説明に対して何も証拠がない中で、責任を追及することは難しいと思います。お相手の善意に期待するしかないのでは。切り返して入れる部分に隅切りが多少でもあると出し入れしやすいのかなと思います。